hello
tel cost
2017.3.7

クリエイティブな外観デザインのつくり方 03

こんにちは Helloの 田邊です。

今回は手摺のデザインのお話です。
一般的にバルコニーの転落防止の為の手摺子(手摺の縦の部材)の間隔は110mm程度の縦格子が推奨されています。
(横格子だと子供が登れてしまう為です)

 

手摺子の1本づつの間隔は110mmですが、この建築は2種類の部材を採用し手摺をデザインしました。

 

片持ちバルコニーのフトコロから伸ばしたブラケットとボルトで結合する部材は強度の関係からフラットバーの50mm x 12mm にしています( point 1 )

 

全ての部材をフラットバーの 50mm x 12mm にすると意匠的に重たい印象になりそうだったので、4本中、2本を丸鋼の16mmしました。( point 2 )

 

2種類の部材を採用する事で、間隔が同じ縦格子の手摺でも単調にならず、面白いリズム感をつくりだす事に成功しています。

 

 

 

ファサードも竹の縦ルーバーにしたのでこの手摺の部材によるリズムのスパイスは外観のアクセントとしてかなり「 効いています 」

 

※ 写真では伝わらないのが悔しいです  > <

 

 

 

規律がありながらもカオスを混ぜたいリズム感覚は、建築の経験からというよりも多感な時期によく聞いていた90年代のミュージシャンの音楽の影響が大きく影響 していると自分では思っています。
このようなデザインのスパイスを建築にうまく取り込んでいくと、空間がとーっても豊かになりますよ ☆

 

 

クリエイティブでリラックスしたライフスタイルを叶えるHelloの心地いい家
家づくりの事、デザインの事、お気軽にご相談くだいませ。

 

ホームページトップへ

 

2017.10.15

Super Special

こてはしショールームで、スペシャルなクルー達とスペシャルな家づくりの構想を深夜に打ち合わせ ★ これから建築、ファッション、音楽、カルチャー、クラフト、グリーンをオーバーラップさせます!! この感覚にビビビっときたら,こ

...more
2017.9.30

国立代々木競技場

こんにちは Hello の田邊です。 久々に行った代々木競技場の大迫力に改めてびっくり。 こちらの建物は1964年の東京オリンピック開催にあたり丹下健三大先生が設計。 施工の工期が150日(5ヶ月)だった事をはじめて知り

...more
2017.9.27

光溢れる家

フルリノベーション工事、まずはスケルトンにする為の解体工事がはじまりました。 一番心配していた1階リビングの採光も建具を全部取外したら心地いい光が沢山たくさん 入ってきました。 リビングと大きなテラスを連続させるのでゴロ

...more